キミスタ奮闘記

ないならつくる!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
やるだけやった
沼津文化交流祭が決まってから


15年前に書いた曲が
頭の中でずっと流れていて
皆で打ち合わせや準備を重ねるたびに ドンドン大きくなってきた

休む間も無く次々と
資材調達、看板、 チラシ、うちわ、ロゴ、テーマ曲まで全てをクリエイトしてくれるえいちゃん
彼がいなければここまでできなかったと思う。

限りなく純粋で熱い男 園田大輔
総合司会を名乗り出てくれた。


出店者さんを誘い続けてくれた坊ちゃん

快くステージの材料を貸してくれた大島さん

ステージを設計してくれた一級建築士の塩浦
監督の佐藤
名札を作ってくれた鵜山


足場責任者のよね
屋根のヤス
装飾の楠木さん
まとめ役のリキ
婿さんのゆうくん

看板を描いてくれた
かおりちゃん
松永さん
新井くん
正義
ノッツさん
娘のしずか

手拭いとTシャツを洗濯、アイロン、裁断してくれた美穂姐さん
たたみ、梱包してくれた
かおりちゃん、いずみちゃん、れなちゃん

提灯と番傘をリメイク
テントのロゴ入れをしてくれた
あっきー


ねり歩き隊のバンマス
中谷さん

日大ジャズ研のリーダー浜島さん
JAFのメンバー
ぬ〜っと現れる鈴木さん
ツヨシ
音響のすうさん
ステージ資材、発電機、運搬車と色々貸してくれた
NEXT ONE 飛騨さん、圭介くん

色々な難しい手続きを行ってくれた八木さん
アドバイスをくれた先輩方
山崎さん、森野さん、裕一郎くん、竹島さん、伊奈さん、平須さん

堺 輝
望月 玄気

総合で安心をくれる保険の関さん

武田さん

心温まる差し入れをしていただいた
はーちゃん、竹花くん、圭介くん、中谷さん
当日はもっとたくさんの人たちが集まってくれる。
こんなにも沢山の方々に支えられて 沼津文化交流祭は行われます。

夏祭り
作詞、作曲 望月 公裕

今夜待ちに待った
特別な日だから
目一杯洒落込んで
集合場所に急ぐ

半年前から 仕込み始めたのさ
この街の夏祭り

処狭しと
露店が顔を出す
無邪気な子供たちが
おねだりを始めてる

浴衣姿の 頸が悩ましい
この街の夏祭り

踊ろう
踊ろう
楽しく踊ろう

踊ろう
踊ろう
楽しく踊ろう

僕と君と一緒に



こんな人混みの中じゃ
好きと言えなくて
そうだ、祭りが終わる頃
公園に誘ってみよう

踊ろう
踊ろう
楽しく踊ろう

踊ろう
踊ろう
楽しく踊ろう
僕と君と一緒に


向かいのおばちゃんも
口うるさい親父も
今夜はとびきりの
笑顔が飛び交ってる

ありがとう
お疲れ様
来年もまたやりましょう
この街の夏祭り

踊ろう
踊ろう
楽しく踊ろう

踊ろう
踊ろう
楽しく踊ろう

僕と君と一緒に




| 沼津文化交流祭 | 02:10 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://kimi-st.jugem.jp/trackback/1381
PROMOTION 試聴動画 883's センチメンタル ブルース 883's 2012/12/24 1 Canjees トムソーヤ
TOP↑