キミスタ奮闘記

ないならつくる!
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
1997年製GRETSCH6022ランチャー

 

 

1997年製のグレッチ6022ランチャーをリペアさせていただきました

 

もともとピエゾピックのみだったのですが

ライブ向けに、ハウりにくくて 低音がほしいと言うことだったので

ランチャー用にワンオフで作らせていただきました

 

KIMG6084.JPG

 

ランチャーはサウンドホールが普通のアコギと違い丸くないので

この特徴的なサウンドホールに合うように寸法を出さなくてはいけませんでした

 

KIMG6079.JPGKIMG6080.JPGKIMG6081.JPG

 

ボディに穴を開けたくないとのことだったので

マグネットとピエゾをミックスできるようにつくり

それぞれのボリュームを写真のようにコントロールできるように設置しました

KIMG6083.JPGKIMG6085.JPGKIMG6086.JPGKIMG6087.JPGKIMG6084.JPG

 

既製品では鳴らさないとわからないことがたくさんありますが

 

この固体の持ってる特長を引き出せるように

ピックアップのコイルを巻くところから始め

このギターに合うように作るのがとても面白かったです

 

これからの活躍に期待です。

 

ありがとうございました

 

| 玄気工場長の1日 | 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
1994年製GRETSCH6120-60

 

1994年製のグレッチ6120−60ナッシュビルをリペアさせていただきました

届いたときにはこの状態 

 

KIMG5626.JPGKIMG5627.JPG

今回の持ち主様はまれに見る気持ちの良い方

キミスタさんにお任せするから 全部やってくれ!!

と お金ではなく本当に自分のリペアに価値をみいだしてくれたお方でした。

 

トレッスルブレイシングなどやりましたのでお楽しみに

パーツをバラして

KIMG5631.JPGKIMG5633.JPGKIMG5634.JPG

 

フレットチェック

楽器屋さんに持っていって断られてしまったこともあると聞きました

買ってから一度もすり合わせすることなく よく弾いてもらえた!

寿命まで弾ききった!と 言わんばかりのフレットの減り方で

気持ちよく交換させていただきました。

KIMG5629.JPGKIMG5641.JPG

 

KIMG5631.JPGKIMG5646.JPGKIMG5732.JPGKIMG5733.JPG

この黒いホジションマーク

KIMG6021.JPGKIMG6020.JPG

ヴィンテージのように 赤いドットに交換です

KIMG6028.JPGKIMG6029.JPGKIMG6031.JPGKIMG6033.JPG

さてやってきました 今度は本体の内部です。

一本たっている柱を除去

KIMG5640_0.jpg

KIMG5645.JPG

トレッスルブレイシング(トレッスルブレーシング)

今回は1959年スタイルの ライトブレイスに改造しました

KIMG5991.JPGKIMG5994.JPGKIMG5995.JPGKIMG5997.JPG

枕をバックボディ裏に密着させるのにとても時間がかかりました。

(濡れて見えるのは接着剤です)

今回は完全再現に挑戦しました

今まではネック側もブリッジ下のように枕を入れていたのですが

今回は59年を完全再現なので

ネック側をこんな感じに仕上げました

(密着出すの容易じゃなかった)

KIMG5998.JPGKIMG5999.JPGKIMG6000.JPG

こちらが1959年製の6120の中身です

KIMG5963.JPG

ボディが組まれてからの作業をしているので

渡りの幅が違ったりネック側のカーブが直角ですが

ほぼ完成系に近づいたのではないでしょうか

KIMG5996.JPG

 

現行品にはまだない使用 1959年を再現してみました

 

生音のエアー感は多少なくなりますが

アンプにつないだときのハウリングのしにくさ

音の延び、まとまりに腰が出てきてヴィンテージを再現したい方にはオススメです

なんといってもお腹に伝わる振動が格別に変わりました。

 

ブリッジの台座をすり合わせます

KIMG6017.JPGKIMG6018.JPGKIMG6019.JPG

固定加工をしました

KIMG6038.JPG

ちらっと見えましたね

マニアックなピックアップを搭載します

TV-jonesから出た最新作

レイバッツです

見た目も作りもビンテージそっくり

なんといってもPAF印字はマニアな方にはたまらないものだと思います。

 

KIMG6004.JPGKIMG6005.JPGKIMG6006.JPGKIMG6007.JPGKIMG6008.JPGKIMG6009.JPG

これをHOT ROD配線で仕上げます

KIMG6011.JPG

ビグスビーもヴィンテージスタイルに

KIMG6012.JPGKIMG6013.JPGKIMG6014.JPGKIMG6015.JPG

ブリッジはギブソン製のABR-1

バリが目立ったので カドを削って滑らかにしました

KIMG6016.JPGKIMG6036.JPG

 

KIMG6035.JPG

 

ペグを取り付けようとしたら ねじが埋まってたから除去

スパーゼルだからこの位置は関係ないのですが

直しました

KIMG6027.JPGKIMG6037.JPG

ジャックはブライアンセッツァーの初代6120のように

大きめのアルミプレートタイプをつくり

KIMG6041.JPG

 

完成しました。

KIMG6040.JPG

KIMG6044.JPGKIMG6042.JPG

フレットが新品になり、ブリッジも性能があがり

トレッスルブレイシングになって

ピックアップはレイバッツ、ホットロッド配線

 

音が気になる方は連絡ください

 

KIMG6043.JPG

 

使えなくなってしまった部分を再生させ

以前よりもパワーアップできたと思います

 

よみがえったこのギターは

これからもっと大事にしてもらえると思うと

とてもうれしくなります

 

これからの活躍に期待です

 

ありがとうございました。

 

 

| 玄気工場長の1日 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
1992年製GRETSCH6120ナッシュビル

 

1992年製のグレッチ6120ナッシュビルをリペアさせていただきました。

 

 

KIMG5714.JPGKIMG5715.JPG

TV-jonesのピックアップに交換されていました

 

 

KIMG5716.JPGKIMG5717.JPG

 

台座は隙間がありました

KIMG5718.JPGKIMG5719.JPG

全部ばらします

配線材も交換されていました

KIMG5721.JPGKIMG5722.JPG

フレットが寿命をむかえていたので ジャンボフレットへ交換します。

 

ビフォー

KIMG5724.JPGKIMG5725.JPG

 

 

アフター

 

KIMG5749.JPG

 

つまみを磨きました

 

KIMG5750.JPG

 

ビグスビーのセンターがあっていなかったので

穴を埋めてあけなおします

KIMG5751.JPGKIMG5752.JPG

ポットやジャックをクリーニングして

配線をホットロッド回路に

配線材はKAMINARI

KIMG5726.JPGKIMG5727.JPG

 

隙間のあった台座をボディーのアーチにあうように すり合わせます

KIMG5753.JPGKIMG5754.JPG

固定の加工もしてあります

KIMG5755.JPGKIMG5757.JPG

隙間のあった台座が     ビフォー

KIMG5719.JPGKIMG5718.JPG

アフター

密着しました

KIMG5760.JPGKIMG5761.JPGKIMG5762.JPGKIMG5763.JPG

ピックアップ交換にありがちなのですが

弦にポールピースが平行でない場合、適切な高さ調整ができず

音を拾いにくくなってしまう事があるので

ポールピースが弦に平行になるように調整しました

KIMG5759.JPGKIMG5758.JPG

弦間もばっちり

KIMG5767.JPGKIMG5768.JPGKIMG5769.JPGKIMG5771.JPG

27年前に作られたギター

経年劣化や消耗部分を交換したりクリーニングすれば

27年前よりも甘い音色になり 今までよりも鳴る!!

 

このオーナー様はグレッチのFSRシリーズも持っているのですが

今まではそっちのほうが良かったと言っていたのに

今回リペアさせていただいたら、FSRの方が弾き心地 音色 共にしょぼく感じるようになってしまった

どうしてくれるんだっ笑

 

と お褒めの言葉をいただきました

 

KIMG5781.JPGKIMG5784.JPG

 

これからの活躍に期待です

 

ありがとうございました

 

 

 

| 玄気工場長の1日 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
Italia エレキギター

 

イタリアという エレキギターをリペアさせていただきました

 

KIMG0692.JPG

 

このギター 自分がリペアを始めた頃(おそらく13年くらい前)

から 何度かリペアさせていただいている

自分にとっても思い出のあるギターです

KIMG5742.JPG

 

フレットが寿命を迎えたため、ジャンボフレットに交換

ペグががたがただったので交換

サーキットも、昔の仕事なので 今よりも丁寧じゃなかったため

オールリハンダ

 

ブリッジにはピエゾが内蔵されていましたが

持ち主はハナっから いらないといっていた記憶があります

強く弾いたときにブリッジから弦が外れると悩んでいたので

今回思い切って ABR-1タイプに交換しました

 

KIMG5505.JPGKIMG5506.JPG

 

急いでいたので作業写真がありませんが

静岡から2つ年下の後輩が取りに来てくれました

 

静岡市のブルース好きな方ならご存知ではないでしょうか?

KIMG5735.JPGKIMG5736.JPGKIMG5737.JPGKIMG5738.JPGKIMG5739.JPG

 

もはや本体を軽く上回るリペア代でしたが

 

『このギターだけは死ぬまで使いたい』

 

と言う 彼の心意気に 感動しました

 

KIMG5741.JPG

 

これからの活躍に期待です

 

ありがとうございました

| 玄気工場長の1日 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
エレキベース ピックアップ交換

 

エレキベースのピックアップ交換をさせていただきました。

 

もともとはシングルピックアップ。

音色はいいが音量が物足りないらしく

もっとぶりぶりにしたいとセイモアダンカンのピックアップに交換です

 

IMG_20190419_093029_961.jpg

 

ぽん付けはできないので弦の上にポールピースが来るのを計算し

前のザグリ穴を生かして のせたいピックアップのお部屋を掘ってあげます

 

IMG_20190419_132618.jpg

 

きっちりおさまり 音もぶりんぶりん

部屋が広くなりすぎないように彫るのがたいへんでしたが

ちゃんとつきました

 

IMG_20190419_132722_201.jpg

 

これからの活躍に期待です

 

ありがとうございました

| 玄気工場長の1日 | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
100年くらい前のコントラバス カールヘフナー

カールヘフナーのコントラバスをリペアさせていただきました

 

なんとこのコントラバス、

 

100年位前の楽器らしいです 早速見ていきましょう

 

KIMG0452.JPGKIMG0453.JPGKIMG0455.JPG

まずは指板が剥がれているのを発見

KIMG0456.JPGKIMG0457.JPG

クランプをして 接着

指板の反りをみます

KIMG0458.JPGKIMG0479.JPG

この反りが嫌だと 依頼をいただきました。

トラスロッドの入っていないコントラバスは

これをまっすぐにすり合わせ

弦の張力で反り具合を調整します

KIMG0480.JPG

指板を削っている様子

KIMG0482.JPGKIMG0484.JPGKIMG0485.JPG

全身真っ黒な粉まみれになりながら削ってゆきます

役二日かかりました。

 

あんなに反っていた指板がこのとおり

 

KIMG0486.JPGKIMG0487.JPG

指板がまっすぐになったところで ボディの方を直していく

 

サイド板と表板の間に剥がれが見られたので ニカワで接着です

KIMG0488.JPGKIMG0506.JPGKIMG0507.JPGKIMG0511.JPGKIMG0512.JPGKIMG0513.JPGKIMG0514.JPGKIMG0515.JPG

ニカワ 臭かったー

 

サイド板の打コンも直しました

 

KIMG0516.JPGKIMG0517.JPGKIMG0534.JPG

 

指板のを着色

KIMG0532.JPGKIMG0533.JPG

魂柱を密着するように 調整し

KIMG0535.JPG

KIMG0522.JPG

完成です。

 

指板をきちんと調整して

剥がれているボディの隙間だったり 穴の開いた箇所を直して

復活!

 

KIMG3754.JPGKIMG3753.JPG

弾き心地が数段 弾きやすくなり

音質もとっても良くなったとお褒めの言葉をいただきました

KIMG3752.JPG

 

100年たっていてもまだまだ現役で生けると思います

 

これからの活躍に期待です

 

ありがとうございました

 

 

| 玄気工場長の1日 | 18:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010年製GRETSCH 5120 Electromatic

 

2010年製の5120エレクトロマチック?マティック?

 

を リペアさせていただきました。

 

先日の5120とは形もガラッと違いますが 持ち主様は同じです

 

まずはエレマチオリジナルのピックアップをやめて

グレッチのフィルタートロンを取り付けました。

 

スイッチ穴もあけました

 

KIMG5239.JPGKIMG5238.JPGKIMG5244.JPGKIMG5245.JPGKIMG5329.JPG

 

フィルタートロン用の枕はどうやって作ったのかは内緒です。

お次は台座のすり合わせ

 

KIMG5341.JPGKIMG5343.JPG

 

ビグスビーを固定します

KIMG5344.JPG

 

アルミプレート取り付けました

 

KIMG5349.JPG

 

台座はぴったり ボディに隙間なく設置できました

 

KIMG5350.JPGKIMG5351.JPGKIMG5352.JPGKIMG5353.JPGKIMG5354.JPGKIMG5355.JPG

 

ペグはゴトーのロック式に交換しました

KIMG5357.JPGKIMG5358.JPGKIMG5359.JPGKIMG5360.JPG

今までのフロントのボリュームポットの穴は埋めて 配線はワンボリュームの

HOT ROD配線にしました。

 

KIMG5361.JPG

 

この固体 あなどれない、、

フィルタートロンをのせたらビンテージに近い音になりました

ちょっとびっくり

ボディの横幅が厚くて 使っている板が薄いからかな?

とても 良い音色になりました

KIMG5378.JPG

 

 

これからの活躍に期待です

 

ありがとうございました

 

| 玄気工場長の1日 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
1995年製GRETSCH 5120 Electromatic

 

1995年製のグレッチ5120エレクトロマチック?ティック?

をリペアさせてもらいました

 

 

 

 

KIMG5234.JPGKIMG5235.JPG

 

 

 

KIMG5236.JPG

 

もともとピックアップ交換されていたりしていたのでドノーマルではないですが

まずは配線を交換 パーツも回路も変えました。

 

 

 

KIMG5263.JPGKIMG5264.JPGKIMG5265.JPG

 

ビグスビーの取り付け穴が蜂の巣状態になっていたので

埋めてあけなおして 取り付けしなおしました

 

KIMG5321.JPGKIMG5328.JPG

 

ブリッジの台座も すり合わせ、加工、固定 しました。

 

KIMG5362.JPGKIMG5363.JPG

 

今回の目玉リペア

ブライアンセッツァーの初期に持っていた6120のピックガードを

忠実に作っていただきたいと依頼を頂き

原寸サイズで作らさせていただきました。

 

KIMG5345.JPGKIMG5346.JPGKIMG5347.JPG

ビフォー

KIMG5235.JPG

アフター

KIMG5368.JPG

 

ビグスビーの根本を59年スタイルに改造したり

 

KIMG5367.JPG

ジャックのアルミプレートを作り直しました

KIMG5365.JPG

 

証明具合で色の発色がちがいますが

同じギターです

KIMG5366.JPGKIMG5376.JPG

 

きちんとリペアすれば 驚くほど変身できて面白かったです

ルックスも 細かい部分にこだわりがあると思うので

忠実に再現できたりしたときは喜んでもらえて

こちらまでうれしくなります。

 

これからの活躍に期待です

 

次回は2010年制の5120エレクトロマチックのリペア記事を書きます

モデル名同じなのに使用がまったく違うのでお楽しみに

 

ありがとございました。

| 玄気工場長の1日 | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
2019年製 Gibson Explorer

2019年製のギブソンエクスプローラーをリペアさせていただきました

 

KIMG5565.JPGKIMG5566.JPG

 

純正のピックアップを EMG製に交換です

KIMG5567.JPGKIMG5568.JPG

 

EMGとなればアクティブサーキットになるため

9V電池の収納場所が必要になってきます。

ですが、サーキットルームに納まらなかった為

ボディをザグり、電池ソケットを取り付けました

KIMG5572.JPGKIMG5573.JPGKIMG5574.JPGKIMG5580.JPGKIMG5581.JPG

 

こうすれば電池の交換もドライバーいらずで簡単にもなりましたね

EMGはどんどん進化していて今やハンダフリーとなり

取り付けもとっても簡単になりましたが

振動に弱いみたいで、接触不良がおきて何度か修理したことがあります。

後は、付属してくるポットやジャックがチャイナ製で少ししょぼい ってところでしょうか

 

それを伝えたところ 全部クオリティの高いものにしてほしいとのことだったので

ソケットはピックアップ以外使わず きちんとハンダをし

ポットはトルクの硬いもの、ジャックはスイッチクラフト

配線材はベルデン製、コンデンサーはオレンジドロップ

に交換しました。

 

ソケットがあるせいでPU部分はうまくピックアップルームに収まらなかったので

ボディ側も少し加工しました

 

KIMG5584.JPGKIMG5585.JPGKIMG5586.JPGKIMG5583.JPG

 

パワーがある割りにブーミーすぎずエフェクターいらずと言う感じがしました

サスティーンものびるのびる!

 

このタイプの形は持ったことはないですが

音はなかなかのものだと思いました

 

これからの活躍に期待です

 

ありがとうございました。

| 玄気工場長の1日 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
スターキャスター

 

スターキャスターというギターをリペアさせていただきました。

 

初めて見る形だったので いろいろわくわく

 

 

KIMG0680.JPGKIMG0681.JPG

 

パーツをバラして まずはヘッドの色をボディと合わせました

 

KIMG5118.JPG

line_1567583589543.jpg

KIMG5404.JPG

 

ABR−1タイプのブリッジに交換して

ビグスビーを取り付けました

ピックアップはグレッチのフィルタートロン

ボリュームポットやスイッチの位置も変更して

グレッチ風のカスタムができました

 

KIMG5409.JPGKIMG5410.JPG

 

ブリッジをABR-1にしたために、弦高を一番下げたところでも

弦高が高かったので ネックの角度をつけるために加工しました

 

ビフォー

KIMG5120.JPG

 

アフター

KIMG5413.JPG

 

line_1568834465400.jpg

 

今回の依頼主様はSPIDER CABINETSのTAROさん

遠くから取りに来てくれました。

 

とっても気に入ってもらえたみたいなのでうれしかったです

 

これからの活躍に期待です

 

ありがとうございました。

 

| 玄気工場長の1日 | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
PROMOTION 試聴動画 883's センチメンタル ブルース 883's 2012/12/24 1 Canjees トムソーヤ
TOP↑