キミスタ奮闘記

ないならつくる!
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
GRETSCH G6136T-LTV

 

グレッチのG6136T-LTVをリペアしました。

ファルコンでラッカー塗装でTV-jonesピックアップでトレッスルブレーシング。。

現行品のグレッチの中で一番お値段の高いモデルだったと思います。

 

KIMG2725.jpg

色も真っ白ではなく カスタードクリームのような色でした 

KIMG2731.jpg

 

KIMG2728.jpg

一見 密着しているかのような台座、、

KIMG2727.jpg

隙間ありました

KIMG2726.jpg

ちょっと削ってすぐに発覚 削れるところ削れないところが出てきました。

KIMG2734.jpg

この後、完全密着タイプに加工して 今までよりも振動をダイレクトに伝えられる使用になりました。

KIMG2800.jpg

 

お次はピックガードの角度

ビフォー

KIMG2729.jpg

アフター

KIMG2737.jpg

今回の目玉改造はこちらっ

ピックアップの出力です。

KIMG2785.jpgKIMG2788.jpg

純正のTV-jonesはこんな感じの出力 抵抗値

コレを 増やして 持ち主様の要望の音になるまで改造しました。

どれくらいの抵抗値にしたかは内緒です。

 

クラシックの音色のままミッドレンジをひろげてみました。

だけどクラシックプラスとは全然違う感じに仕上げました。

 

見た目はそんなに変化無いけど カスタムが色々詰まった使用になったのではないでしょうか!!

 

KIMG2802.jpgKIMG2736.jpg

今後の活躍に期待です

 

ありがとうございました。

 

| 玄気工場長の1日 | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホワイトファルコンに大変身!

カスタムホワイトファルコンを作りました

 

いきなり作業開始ですが どうぞ

 

ヘッドをぶった切ります

 

KIMG2436.jpgKIMG2437.jpg

足し木をしてプレートを貼り

KIMG2445.jpgKIMG2446.jpgKIMG2447.jpg

形が完成

KIMG2458.jpg

インレイを彫ります

KIMG2459.jpgKIMG2460.jpg

ペグ穴もあけ直して裏はこんな感じ

KIMG2462.jpg

塗装に入ります

line_1523533518242.jpgline_1523886977352.jpg

ほんのすこ〜〜〜〜〜〜〜しだけ 赤を入れて うっすらピンクに

ヘッドのインレイも細字でシルバースパークル

line_1523887013149.jpg

弦を張って色々調整してかんせいです。

KIMG2506.jpgKIMG2508.jpgKIMG2505.jpg

黒い細バインディングも無し!

この世に一つだけのファルコンがまた一つできました

IMG_20180422_144004_813.jpg

 

これからの活躍に期待です。

 

 

 

 

| 玄気工場長の1日 | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
ストリングスルービグスビー

 

最近流行のストリングスルービグスビーを作ってみました。

ビグスビーユーザーの方はご存知とおもいますが

純正はこんな感じ

KIMG2942.jpgKIMG2940.jpg

 

弦のテールエンドをここに引っ掛ける使用です。

 

コレをこのように加工しました。

 

KIMG2342.jpgKIMG2343.jpgKIMG2344.jpgKIMG2345.jpgKIMG2346.jpgKIMG2347.jpgKIMG2348.jpg

最近、プレイヤーズエディションなんかに搭載されているから

作って欲しいと言われ、中通しタイプのビグスビーを

練習で作ってみました。

 

メリットは弦が変えやすい?!人にもよると思いますが。。

デメリットは オリジナルにこだわる人からみれば邪道

 

今のところこんな感じではないでしょうか

またなにか注意点など出てきたらいいます。

 

 

| 玄気工場長の1日 | 15:32 | comments(1) | trackbacks(0) |
GRETSCH6136 シルバーファルコン

グレッチの6136シルバーファルコンをリペアしました。

まずはすっぱだかに

KIMG2173.jpgKIMG2179.jpg

柱もとってしまいます。

KIMG2176.jpgKIMG2177.jpg

配線いじくり中

KIMG2180.jpg

台座なしのスタッド直打ち!

 

KIMG2207.jpg

ブレーシングを交換!

KIMG2209.jpgKIMG2211.jpg

今回悩んだのがアーム、、純正のキャデラックGテールピースをやめて

冒険してB5を取り付けようかB6の黒かシルバーか持ち主様凄く悩んでおりました。

皆さんは何がいいと思います?

KIMG2174.jpgKIMG2206.jpgKIMG2205.jpg

 

 

最終的にB6のブラックになりましたが

後日シルバーに交換しました。

KIMG2212.jpgKIMG2213.jpg

これからの活躍に期待です

 

ありがとうございました

 

KIMG2227.jpg

 

おまけ

 

グレッチのケースのここの引っ掛けるところ

壊れちゃっている方 結構いると思います

今回、金具が無かったので作りました。

KIMG2215.jpgKIMG2214.jpg

カスタム頼んでくれたら 無料で直っちゃうかも!?

| 玄気工場長の1日 | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
GRETSCH 5120

90年代のグレッチエレクトロマティックをカスタムしました

 

元々の状態はこんな感じ

KIMG1207.jpgKIMG1208.jpgKIMG1209.jpg

コレを本家6120のようにして欲しいとの以来だったので

まずは

パーツをばらしてすっぱだかに

KIMG2360.jpgKIMG2361.jpg

はしらも抜いてしまいます

KIMG2358.jpgKIMG2359.jpg

フレットを交換している間にくすんだパーツを磨いてぴかぴかに

KIMG1219.jpgKIMG1217.jpgKIMG1218.jpg

柱を2本いれました。

KIMG2223.jpg

ヘッドは1959年の本家グレッチ6120のように埋め込み式のラッカー塗装

KIMG1298.jpgKIMG1300.jpg

KIMG2222.jpgKIMG2219.jpgKIMG2221.jpgKIMG2225.jpg

初挑戦!バインディングの黄ばみを再現

新たにボリュームとスイッチの穴をあけてホットロッド配線にカスタム

ポジションマークも黒から赤に交換

KIMG2226.jpg

5120がビンテージ感あふれる6120に生まれ変わりました。

ビグスビーもいじったし、今回は純正のフィルタートロンですが

PAFのフィルタートロンにしたら

もうやばいですね笑

KIMG2239.jpg

ネックの太さが自分の好みだったので

すっごく羨ましかったです。

音も最高でした

 

これからの活躍に期待です

 

ありがとうございました。

| 玄気工場長の1日 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
ライン入れ

 

以前キミスタでリペア、カスタムさせてもらったギターとウッドベースに

新たなペイントを加えました

 

ギターのほうはサウンドホールに

 

KIMG2325.jpgKIMG2334.jpg

ウッドベースの方はトップのフチを

KIMG2328.jpgKIMG2330.jpgKIMG2331.jpgKIMG2333.jpg

 

ビフォー写真を撮っていませんでしたが

ラインひとつで表情ががらっと変わってかっこよかったです。

 

これからの活躍に期待です

ありがとうございました

| 玄気工場長の1日 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
GRETSCH G6119 テネシーローズ

ぐれっちのG6119テネシーローズをリペアしました。

 

フレットが磨り減りすぎていて もはやすり合わせ不可能だったので

交換しました。

サイズはジャンボ

KIMG1957.jpgKIMG1960.jpgKIMG1980.jpg

 

その後に

配線の回路はそのままで

配線材を交換しました

 

KIMG1955.jpg

 

KIMG1974.jpg

 

台座のすり合わせをし密着も固定もバッチリ

 

KIMG1978.jpgKIMG1979.jpgKIMG1980.jpgKIMG1981.jpg

 

くたくただったギターが生まれ変わったと行って貰えました

 

これからの活躍に期待です

ありがとうございました。

 

 

| 玄気工場長の1日 | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
GRETSCH G5420TG

グレッチのG5420TGをリペアしました

KIMG1946.jpg

本当の名前は

GRETSCH G5420TG Limited Edition Electromatic Single-Cut Hollow Body with Bigsby

ですって

なっげーーよ!!

 

 

まずは台座の加工から 浮いてしまってます。

KIMG1947.jpg

 

ふむふむ ここからアースを取っているのですね

KIMG1949.jpg

 

 

 

台座をすり合わせてボディと密着しました

 

 

 

KIMG1966.jpg

お次は柱です

1本タイプから2本に加工しました

 

KIMG1953.jpgKIMG1952.jpgKIMG1954.jpgKIMG1961.jpg

TV-jonesに交換してありましたが

音がいまいちぱっとしないといわれたので

HOT ROD配線に改造です

KIMG1950.jpgKIMG1951.jpg

 

KIMG1969.jpg

ビグスビーも本家グレッチタイプになっていてかっこいい

KIMG1972.jpg

エレクトロマチックもいじれば本家と引けを取らないくらい

鳴ってくれました。

KIMG1971.jpg

 

これからの活躍に期待です

 

ありがとうございました。

 

| 玄気工場長の1日 | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
G6118T-LTV 125th

 

グレッチのG6118アニバーサリーをちょいとリペアしました

 

 

KIMG0470.jpg

 

最近流行のピックアップの黒い部分の色をこんなふうに

 

KIMG1858.jpg

できるようになりました

見た目だけのカスタムですが

自分だけの見た目にしたい方には ありだと思います

KIMG1857.jpg

 

あそうそう この持ち主様が言ってたんですけど

ラッカーのギターをお持ちの方

 

ポマードを頭につけてライブして その汗がギターについたら

ライブ後にギターふかないと

 

ラッカー塗装とポマードが化学反応おこして塗装が溶けちゃうみたいです

ほったらかしにしとくと 汗の跡がふいても取れないといってました

 

それも味だ!!て方はそのままに

神経質な方は ふいてください

 

またいい情報あったら いいます

 

これからの活躍にきたいです

ありがとうございました。

 

 

 

 

| 玄気工場長の1日 | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
GRETSCH6120-60

90年代のグレッチ6120-60をリペアしました。

 

KIMG1577.jpg

初期型のTV-jonesが搭載されています

KIMG1578.jpgKIMG1579.jpg

パーツばらして全裸にします

KIMG1582.jpg

フレットも抜いて

KIMG1581.jpg

フレットは限界を迎えていたので交換しました(ビフォー)

KIMG1580.jpg

(アフター)以前より太いフレットに交換です

KIMG1704.jpg

ブレーシングも1本から2本タイプにしました

KIMG1583.jpgKIMG1699.jpgKIMG1698.jpg

 

アームを付け変えたり、センターを出すのにいっぱい穴を開けてきた跡も埋めて

きちんとしたセンターを出してセッティングしました

KIMG1696.jpg

今回の目玉!!

アルミのバーブリッジ

ここ何年かで三弦のオクターヴが改正されて

いまではきちんとしたオクターブで弾くことができます

KIMG2569.jpgKIMG2570.jpg

このアルミの音が かりんかりんで たまらなかったです

 

これからの活躍に期待です

ありがとうございました

 

 

| 玄気工場長の1日 | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
PROMOTION 試聴動画 883's センチメンタル ブルース 883's 2012/12/24 1 Canjees トムソーヤ
TOP↑